中央道・双葉SA 案内標識改良設計

事例・実績

中央自動車道・双葉SA 案内標識改良設計

平成11年度

 

中央自動車道・双葉サービスエリア内の標識改良プロジェクトにて、アンドーは設計を担当。サービスエリアは多くの人が利用する場所であるとともに、車を運転しながら標識を見るため、標識が適切な場所に配置されることや瞬時に標識の意味がわかることが求めれます。

サービスエリアの利用のされ方をしっかりと把握した上で、標識を配置する最適な場所を割り出すとともに、ユニバーサル・デザインに配慮したわかりやい標識のレイアウト図を作成しました。

 

After Pictures

写真:中央自動車道・双葉SA 案内標識改良

案内標識は、ユニバーサル・デザインに配慮したわかりやすいレイアウトが求められます。

写真:中央自動車道・双葉SA 案内標識改良

最適な標識配置をプランするために、スタッフが何度も議論を重ねて検討しました。

Map

 
その他の事例を見る